日本獣医再生医療学会(副理事)
日本動物病院福祉協会(JAHA)認定病院(東日本副代表ディレクター)
比較眼科学会(会員)
日本小動物歯科研究会
減感作療法(アレルゲン免疫療法)実施病院

【重要】避妊去勢手術・狂犬病・混合ワクチン・フィラリア予防を検討中の皆様へ

  • HOME
  • お知らせ
  • 【重要】避妊去勢手術・狂犬病・混合ワクチン・フィラリア予防を検討中の皆様へ

【重要】避妊去勢手術・狂犬病・混合ワクチン・フィラリア予防を検討中の皆様へ

(新型コロナウィルス感染症蔓延防止)

 

 現在、当院では疾病予防のための避妊去勢手術、予防接種やフィラリア検査・予防薬の持ち帰りで多くの飼い主様が来院されております。そこで、新型コロナウィルスの緊急事態宣言延長の決定に伴い、当院では予防関連(避妊去勢手術・狂犬病・混合ワクチン・フィラリア)につきまして下記の対策を講じることとしました。

 

【避妊去勢手術】

  • 当面の間疾病予防のための避妊去勢手術の受け入れを原則中止。
  • ただし、子宮卵巣や精巣の生殖器疾患や妊娠した猫については緊急性を伴うため、対象外。

 

【狂犬病予防接種】(狂犬病予防施行規則が630日から1231日まで延長となりました。)

  • 狂犬病予防接種の予約・診察は6月以降。

 

【混合ワクチン】

  • 予約・診察は原則中止。

※ワクチン接種による抗体は1年~3年持続すると言われております。非常事態宣言が解除されましたら来院ください。

 

【フィラリア予防薬の持ち帰り】

  • 昨年フィラリア検査を受診し、毎月薬を飲ませていた方に限り郵送(有料)での処方を承っております。薬の郵送はお電話にて承りますのでご連絡ください(Tel:0267-26-5600)

 

【保護猫・保護犬の今後の受け入れについて】

  • 現在、当院では保護猫・保護犬の健康診断・避妊去勢手術を行い、新しい飼い主様への譲渡を推進しておりますが、当面の間保護猫・保護犬の受け入れを原則中止。

 

感染蔓延防止のため、ご理解ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

 

院長